ギャップ プロフィール - ギャップ レディース, ギャップ セール | ギャップ レディース, ギャップ セール

ギャップ プロフィール

米国、カリフォルニア州、サンフランシスコに本社があり、日本、カナダ、ヨーロッパに支社を持つ世界的ファションブランド。親会社のギャップ株式会社は、ほかにもオールド・ネイビーとバナナ・リパブリックという小売ブランドを配下に持つ総合ファッションブランド。2008年には、世界で3100店を持ち、社員が134,000人という大企業に成長した。始まりは、1969年にユダヤ系アメリカ人のドナルド・フィッシャーとドリス・フィッシャー夫妻によって設立された。やがてヒッピー運動と関連して注目されるようになり、若者ティーン世代をターゲットにした洋服は、一躍有名になる。1990年までは、リーバイなどのジーンズを販売していたが、以後はプライベートブランドとして自社商品の販売に力を入れ成功を収めた。ブランド名、GAPの由来は、ドン夫妻が友人たちとジェネレーション・ギャップについて話していた時、このGAPのシンプルな言葉に引かれたことがブランド名につながった。その後ドナルド・フィッシャー氏は会長職を退き、2007年7月からのCEOはグレン・マーフィー氏が就任。オールド・ネイビーは1994年に第一号店を開いた。この店は、ヒップホップを意識したデザインと低価格路線をコンセプトにしている。1983年に買収したバナナ・リパブリックは、戦略を変更し、それまでのサファリイメージから高級服路線を目指している。アメリカ生まれのGAPは、2004年にドイツから撤退した。そしてヨーロッパにおいて最大の競争相手、スウェーデンのH&M社にその店舗を売却した。GAPの企業ロゴは1988年から使用されており、2010年10月に新ロゴを発表するも従来とイメージが大きく異なり企業イメージに合わなかったため、わずか1週間で新ロゴを撤回した。日本においては、1994年12月に日本法人、ギャップジャパン株式会社を設立。翌1995年に東京の数寄屋橋阪急内に第1号店をオープンした。引き続き1999年には旗艦店を東京・表参道の商業施設「ティーズ原宿」に出店。2011年新たな旗艦店を東京・銀座にオープン。店名は、Gapフラッグシップ銀座である。以後日本のファション界に定着し、若者世代を中心に多くのファンの支持を得ることになった。

サブコンテンツ

Favorite One

このページの先頭へ